中国武術太極拳歴20年ほどの経験から有益な情報をアップしました!

簡化二十四式太極拳 3式「白鶴亮翅/ báihè liàngchì /ばいふぅぉりあんちぃ 」

3式 白鶴亮翅簡化二十四式太極拳
3式 白鶴亮翅

解説

この動作は太極拳の手法基礎である四隅手の「挒liè,採cǎi」を分けて行う動作です。

常に腰の骨が凹まないように力まないで

コツ

1)跟步抱球

後ろ足を寄せながらボールを作り始める

寄せてからでも間に合うけど、なるべく動くと止まるを合わせましょう

2)後座転体

右腕で相手を引くけど体の右旋回で引く「lie」

3)虚歩分手

右側から下に引き落とす「cai」

下を押さえる「按」でも成立する

少しずつ上半身と下半身の動きを合わせていけるようにするのも技術練習の楽しみであります。

目線 顔の向きを一緒に練習

1)跟歩抱球

どの動作もボールは上の手側を見る

2)後座転体

動いてるときは体の向きと同じ方向を見る

3)虚歩分手

この動作は手の方向を見ない珍しい形

形の目安

両足の位置があやふやな人は、上半身と下半身の関節部を縦列に合わせると基準ができます。

1 )

後頭部は背中と縦一直線にする

2 )

寄せた右足指を軸にかかとを内側へ向け安定をはかる

3 )

前重心になると頭の高さまで変わるので太ももにかかる負荷が減り歩型の重みが無くなってしまう

YouTube動画

24式太極拳 3式 「白鶴亮翅 /báihèliàngchì /ばいふぅりぁんちぃ」ershisi taijiquan 二十四式
横浜中国武術太極拳教室 家房
中国武術と太極拳のカンフー教室webサイトで&#123...

コメント

タイトルとURLをコピーしました