中国武術太極拳歴20年ほどの経験から有益な情報をアップしました!

簡化24式太極拳 2式 「野馬分鬃/yěmǎfēnzōng/いえまあふぇんぞん」

2式 野馬分髪中国武術太極拳カンフー
2式 野馬分髪

24式といえば講師が最初に教えるのに用いる動作です。形、動きがシンプルで(ちから)の出し方も学びやすく基礎が入っているお手頃動作です。

ただ要求が多くその日のうちに出来上がる動作ではないと思うので数回は練習と理屈が必要です

では簡潔に確認していきましょう。↓↓↓

野马分鬃 動作解説

1 ) 抱球收脚bàoqiú shōujiǎo
ばおちぅしょうぢゃお

「收脚」片足立ちのくるぶし辺りに片方の足の親指を添える

肩腰が平行のままをキープしてね

目線はボールの上の手が視野に入る方向です。

分掌に入ったら下の手の方向に目線を向ければ完成時に正面を向きます。

2) 上步

1步前へ  踵を着く時点では重心無し。地面に触れているだけで足裏を着けてから軽く体重がかかる

力点

「发劲fājìnふぁじん」押し出し圧を乗せるような当て感。

「分掌fēnzhǎngふぇんぢゃん」 肩を押し当て(靠 kàoかお )、肘でしりぞけ(肘zhǒuじょう)肘から手までの腕(小臂xiǎobìしあおびぃ)で倒す

逆の下へ向かう手は引きつつ圧を推しかける。

動作中に確認する注意点

弓歩       

この歩型は今後も出てくるので形だけは先に成立させておくべきです。

注意点  

必ず膝の向き、位置  腰の反りを無くすの2か所は成立させる事

膝が縦列からずれていると太ももから上を膝骨周りの薄い筋肉で支える為に痛めやすい

○分掌は肩の前まだ持ってくる 前足の上で縦列を同じにする 肩を当て、肘が触れ、手を張り、腕全体を外側に押し出す力を出しながら持ってくる。腕全体を「臂bì」上腕を大臂 肘から手首を小臂xiǎobìと呼ぶ。この時の腕は腰が正面に向くにつれて自然と前方へ連なってくる。

抱球は教える先生により体の正面か上の手側 胸前かと分かれるますが範囲としてとらえておけばよいです。実際に動くと説明としてどちらにもとれます

太極拳の片足立ちは正しくできる事で体を支える太ももを作る事ができます。

腰に負担のない立ち方をする為に足を鍛えます。ただ鍛えるだけの筋トレとは目的が違います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました